債券CFDとは、いったいどういうものなのでしょうか。債権というのは、資金を得るために国や企業が発行する借用証明書ですが、 このCFDに債権を付けることで、債券CFDとなり、投資家からも資金を募るという形になります。CFDの債権はほとんどが国が発行している 債券となっているので、株取引と比べてみても金利も比較的高くついている場合が多いのが特徴です。そして、債券CFDは、 他の取引などに比べると安定性もありますから、株取引が素人の方でもとっつきやすいのがCFDだといえます。ですが、債券というのはその 企業が倒産などをしてしまった場合は、債券の価値さえもなくなり、ただの紙切れとなってしまう可能性があることも念頭に 置いておかなくてはいけません。このように、メリットが大きい債券CFDですが、少ない資金からは始めることができないのも デメリットのひとつでもあります。10万や20万で債券CFDは購入することができず、100万単位の金額を動かさなくては いけないので、そう簡単に始められるものではないということも覚えておいたほうがいいでしょう。